美容で悩みを改善

 

脇の黒ずみの原因について。

カミソリや毛抜きを使い脇のムダ毛を処理していると、自己処理でできた小さな傷口から雑菌が入り炎症を起こすことがあります。炎症が繰り返して起こるとせっかく脱毛をしても、黒ずみができてしまい肌が綺麗にはなりません。
非常にデリケートな薄い脇の皮膚に、ムダ毛の自己処理で刺激を与えると肌を守ろうとする防衛反応が起こり、メラニン色素が集まってきて色素沈着が起こります。脱毛により肌に負担をかけてしまうことで黒ずみを発生させてしまうのです。皮脂汚れなどの毛穴の汚れも黒ずみの原因になりますが、こちらスクラブを使い毛穴の中までしっかりと洗うことですぐに改善することが可能です。
メラニン色素による色素沈着は、一度できてしまうと元の状態に戻すには長い時間がかかるので、正しい脱毛法で黒ずみができるのを防ぐようにしてください。
カミソリを使う時はすべりを良くするためにシェービングクリームを塗ってから行ったり、毛抜きを使う時は蒸しタオルを使って十分に毛穴を開かせてから行うと良いでしょう。どちらの方法も清潔な環境下で行うように気を付けてください。
脇のムダ毛の自己処理後は、肌が刺激を受けて乾燥するので、抗炎症効果のあるローションを使い十分に保湿をすることも大切です。

脇の黒ずみをとる方法をご紹介します

脇が黒ずんでしまった時でも自己対策でとり除ける場合があります。
まずはしっかりと保湿をして肌を乾燥させないようにすることです。脇の黒ずみをとる方法としてはターンオーバーを良くすることが大切なのですが、乾燥気味の場合ですと代謝が落ちてしまいますので黒ずみも消え難くなってしまうのです。その為、保湿クリームなどを使って潤い補給をすることが大切ですし、ターンオーバーを促進することで黒ずみも薄くすることができます。
なお、脇の保湿をする際に有効とされているのが尿素が配合されているクリームを使用することです。尿素には古い角質をとり除き易くさせる作用がありますので、黒ずみの原因になっているメラニン色素の排出も促すことができるのです。古い角質が除去されればターンオーバーもスムーズになりますので黒ずみ対策として活用してみると良いでしょう。
刺激を与えないように気を配ることも大事なポイントです。
そもそも刺激を与えてしまうと黒ずみが発生し易くなります。例えば毛抜きでムダ毛処理をしている場合は肌への刺激になってメラニン色素も増加してしまうのです。黒ずみの原因からなくしていかないと改善され難くなりますので、無理なムダ毛処理は控えるなどした方が良いと言えます。

 

もっと詳しくは脇の黒ずみをとる方法

 

脇の黒ずみに重曹が効く?

脇の黒ずみに悩んでいる人は多いです。ムダ毛処理をしているときに、肌が黒ずんでいることに気づくこともあります。肌が黒ずんでしまう原因はなんでしょうか。

 

その原因は、刺激と摩擦です。紫外線を浴びると肌を守るためにメラニン色素が発生しますが、ムダ毛処理や脱毛での刺激、衣類による摩擦などでも同様の働きが起こります。肌は一定の期間でターンオーバーを繰り返し、新しい皮膚に生まれ変わっていますが、ターンオーバーの乱れた肌はメラニン色素をうまく排出できずにそのまま色素沈着してしまうのです。これが黒ずみの原因です。

 

黒ずみを解消するには、刺激や摩擦を回避することです。カミソリ処理や毛抜きでの脱毛は、肌へ大きな負担を与えます。脱毛施術は、肌への負担が少ないのでおすすめですが、アフターケアとしてターンオーバーが乱れないように、施術後はしっかりと保湿しましょう。

 

また、食用の重曹が効果的です。重曹は水と混ぜると、発砲作用が起こります。これにより黒ずんだ角質を溶かすことができます。水と混ぜたペースト状の重曹を脇につけ、円を描くようにマッサージし洗い流します。これを行ったあとも、皮膚が刺激を受けやすくなっているので、しっかりと保湿ケアを行いましょう。

脇の黒ずみとオロナインについて

夏になり、ノースリーブの洋服を着たり、水着になる機会があると、気になるのが脇の黒ずみ。

 

黒ずみの原因は、大きく二つに分けられます。
一つは、毛穴に皮脂や汚れがたまることによるものです。
脇の毛を抜いたり、剃ったりすると、毛穴に汚れや雑菌が入ったりして炎症を起こしてしまい、結果として、
脇の黒ずみの原因になってしまいます。
もう一つは、メラニン色素の沈着によるものです。
脇の皮膚は、外部からの刺激に弱く、毛を抜いたり、剃ったりすると、皮膚を守るためにメラニン細胞の働きが高まり、脇が黒ずんでしまいます。

 

オロナインは、炎症を抑えたり、雑菌を殺菌する役目を持っています。
ですので、カミソリなどの自己処理で傷ついてしまい、毛穴に雑菌が入ったりして炎症を起こしたお肌に使用すること
には、もちろん問題はなく、有効です。
ただ、オロナイン自体には、乾燥した肌を保湿するという効果は認められるものの、美白成分が含まれているわけでは
ありませんので、黒ずみ自体を改善することはできません。
オロナインは、肌の傷や炎症を治す治療薬として使用しましょう。
そして、肌の傷や炎症を治してから、黒ずみを改善できる専用の化粧品を使って、脇の黒ずみも改善しましょう。

続きを読む≫ 2018/05/01 21:28:01

 

どうも足が太くなってきた気がしてかなり気になってたんですけど、 ずっと何もしていなかったんです。

 

いよいよやばくなってきた気がするんですよね。

 

ぴちっとしたズボンを履くとピチピチ出し、バランスが悪くなるんです。
スタイルなんて当然悪く見えますね。

 

最近はロングスカートだったり足のラインがわからないパンツばっかり入ってるんです。
もう最近のファッションの幅も狭まってしまいましたね。

 

ということでちょっとこれから何かしないといけないなと思ってるところなんです。

 

なんでかなっていうのがちょっと分からないんですけどよくあるか半身デブってやつですね。
むくみともちょっと違うかなって思うんですけどね。

 

調べてみると姿勢だったりリンパの流れなのかなっていうのが出てきます。

 

姿勢リンパの流れ引き締めっていうところを考えたら、今流行りの着圧系のストッキングとかがあるのでそれを使ってみるのが良さそうですね。

 

履くだけでその全てをサポートしてくれる感じです。
ただストッキングだとちょっと着圧が弱いので、着圧タイツの方が良さそうです。

 

これも調べてみたんですけど着圧ストッキングでも圧力の強いのもあるですしものによるみたいですね。

 

あと着圧の圧の部分も太ももとふくらはぎとで変わってきたりするみたいです。
なので自分が細くしたいパーツ部分の圧が強めのものを選ぶといいかもしれませんね。

 

着圧ストッキングとかタイツと言っても色々あるのでちゃんと調べないといけませんね。
なかなか良さそうなのもいろいろありそうですね。

 

続きを読む≫ 2018/01/26 09:24:26